山も道も走りたい@ギアとかに散財する40代

ランニング、トレイルもロードも走ります。裏タスクはフルマラソンサブ3.5。それにまつわる話と、日々の散財日記。

フーディニのウェアがどれも着心地が素晴らしい話

f:id:yamamomichimo:20181114233258j:imageHOUDINI(フーディニ)ってブランドがあります。

 

北欧スウェーデンのアウトドアブランドなんですが、ここんちのウェアが着心地が良すぎてやばいっていう話です。

 

最初にこのブランドを知ったのは、なんかのアウトドア雑誌で、もう何年も前でした。

その時はまだ認知度も低いブランドだったと思います。それからしばらくは、自分もなんとなーく聞いたことあるなぐらいの印象でした。

 

HOUDINIが自分の中でちゃんと認知されたのは、ランニングを始めてからです。

 

自分のHOUDINI歴はパルスショーツっていうランパンから始まり、トレイルショーツ、アウトライトフーディー、パワーフーディー、そしてハイロフトフーディーと購入。

小物もエアボーンチムニー、パワーハットなど被り物メインで買いましたがどれも素晴らしい着心地です。

 

レビューじゃないけど簡単な印象とか着心地を記しときます。

 

◯パルスショーツ(pulse shorts)

2インチ丈のランニングショーツ

記念すべき初HOUDINI。

アウトドアブランドの中で圧倒的に短い丈は他を寄せ付けない。オシャレ短いの探してる人はきっと満足。インナー付きで、そのインナーの履き心地がストレス無し。これは結構すごいこと。他ブランドのインナー付きはなんかモゴモゴしますから。

左後ろと内側の右前にちっさなポケットがありますが、使いません。

エストのヒモが尋常でなく長い。

 

◯アウトライトフーディー

ポーラーテックのパワーストレッチプロライト使用の薄手フリース。

薄さとストレッチが全くストレスを感じさせず、春秋のレース前後の着用に最適。とてもリラックスします。

風をやや通すので、冬は上にシェルなど着る、インナーでの使用がベター。適度な薄さがハイキングにも使える。

結構な細めシルエット。

洗濯でフーディニのロゴが取れていく。

飛行機で隣の人がまさかの同じアウトライトフーディー着てて、話しかけたくなる。

 

◯パワーフーディー

最近では一番有名なモデル。ポーラーテックパワーストレッチ使用のフリース。やみつきフリースと呼ばれるほど気持ちいい。何かしら自分で理由をつけて納得させ、毎日着たい。

アウトライトと比べ厚い生地で、11月以降しか暑くて使えない。安心感のある張りのある生地。

袖はサムホールがあるが、使わない。

 

◯ハイロフトフーディー

ポーラーテックのサーマルプロを使用したフリースフーディー。フワフワで超あったかい。パワーフーディーよりしなやかで軽いが、風を通す。

袖はサムホール付き。普段は使わない。

子供がフワフワの気持ちよさに、ハグしてくる。

 

フーディー達の共通の特徴として、襟がめちゃ高い。寒さ対策だと思うが、そのデザインがめちゃくちゃカッコいい。

 

◯エアボーンチムニー

ウールとシルクのネックゲーター兼ヘッドバンド。夏のハイクに汗止め的に使える。ランにも。

 

◯パワーハット

パワーストレッチのネックウォーマー兼ヘッドバンド。

ドローコード絞ってビーニーみたいにもなる。

これもやみつきになるかぶり心地で、毎日使いたいので、いつ洗濯すればいいんだ、となる。

冬のマラソンでも使用可能。

袋をかぶっているみたい、と家族に揶揄される。

 

 

他にもナイロンシェルやインサレーションなどラインナップがあり、どれも欲しくなります。

 

また、フーディニはカラーリングがカッコいい。

アウトドアブランドによくある派手な色とかは無く(無くは語弊ありか…)、くすんだトーンのグレーとかワインとかカーキとかマスタードとかそういうオシャレなカラー展開です。

なので普段着とかにもめちゃ使えます。

 

これからも少しずつ買い揃えていこうと思います。

 

散財日記 現状¥100000くらい。