山も道も走りたい@ギアとかに散財する40代

ランニング、トレイルもロードも走ります。裏タスクはフルマラソンサブ3.5。それにまつわる話と、日々の散財日記。

アルトラ オリンパス2.0の走りやすさに惚れた

f:id:yamamomichimo:20181129205659j:image

ランニングギアを某フリマアプリで購入することがあるんですが、購入した中にアルトラのオリンパス2.0のほぼ新品があります。

 

履いてみたいなあと思っていたトレイルランニングシューズだったので格安で手に入れることができてうれしかったです。

 

私はもともとアルトラシューズを好んで履いておりトレイル、ロード関わらずいくつかアルトラのモデルを履いてきています。

 

理由は、アルトラを履いたことにより、走り方が変わり、膝の痛みなどのランニング障害から解放されたからです。(感想は個人のものです)

 

ぜひ履いたことのない方はアルトラを試してみて欲しいです。

 

で、このオリンパスというトレランシューズの特徴は3つ

  1. ゼロドロップ
  2. フットシェイプ
  3. マックスクッション

ですね。

 

まず最初のゼロドロップというのは、ソールの前後、つまりつま先とかかと、に傾斜が無く、フラットな状態のことですね。

f:id:yamamomichimo:20181210223701j:image

そもそも、ランニングシューズには前述の傾斜が基本的にあり、ドロップと呼ばれます。5mmドロップとか、8mmドロップとか。

ナイキとかのランニングシューズイメージしてください。

前傾してますよね。あれです。アルトラにはそれがありません。ゼロドロップです。

 

ソールにも誇らしげに書いてますね。

 

で、ゼロドロップの何がいいのかというと、裸足で走っている状態に近い走り方になる、ということです。それが本来の人間の走り方なんですね。ナチュラルランニングとも言われてますね。

 

詳細は割愛しますが、このアルトラシューズのおかげで私はそれまでのランニング膝痛から完全解放されました。

 

このオリンパスもゼロドロップであり、非常に走りやすいシューズでした。

 

ただ、初めての人は、かかとが無い感覚に襲われて、後ろに倒れそうになるというウソみたいな話があります。オーバーなところありますが、近いところあります。

 

2番目のフットシェイプはつま先部分が広く取られており、シューズの中で指が自由に動く状態のことです。他社製品のシューズはつま先が細く、どうしても圧迫されることがあると思います。

f:id:yamamomichimo:20181210223727j:image

 

そういった点で、アルトラシューズにはそのストレスがありません。

ただ、人によっては中で指が動きすぎて逆に踏ん張れなかったり、爪がやられてしまったりすることもあるようです。

結局どんなシューズもフィットには個人差ありなんですよね。

 

最後のマックスクッションですが、これは厚底ってことです。

 

ある程度の距離を走った時にこの恩恵を感じます。思ってる以上に脚が残ってる感覚ですね。

あと足裏の疲れも少ない印象。

逆にショートだと、グネりそうって思ってる間にゴールしちゃいそうです。

 

最後に、このオリンパス2.0はアウトソールにビブラムのメガグリップを採用しています。

f:id:yamamomichimo:20181210223742j:image

画像は走った後で、汚くてすいません。

 

初めてメガグリップのシューズを履きましたが、たしかにいろんな場面で安定してるなあという印象。

いつもならちょっとスリッピーな石とか木とかもぎゅっと掴む感じ。

 

まあ、トータルでこのシューズは良い、ってことです。

 

オリンパスもう一個欲しいなぁ、また古いモデルに遡っていくのもありかな。なんて企んでます。

 

散財日記¥6000くらい

 

 

 

真冬も短パンで走れ。今年は暖冬だしイケる。

短パンで走るのが好きです。

f:id:yamamomichimo:20181205223033j:image

真冬でもとんでもなく寒い日以外は出来るだけ生足短パンで走ります。

 

大好きな3インチ以下の丈で。

 

去年の冬は

12月以外はすべて短パンで走った記憶。

 

なぜ短パンで走るのか?

もう答え書いてますが、好きだからです。

 

何が好きか?

1.見た目

2.走りやすい

3.軽い(2と一緒か)

 

1.見た目ですが、短パンで上は長袖っていうのがなんかバランスよく見えてカッコいいんですよね。

完全に主観なんで、同意できないひとも大勢いるんじゃないかと思います。

 

あと、生足やめてせめてタイツ履いたらって思うかもしれませんが、タイツに短パンは個人的にはダサい。やっぱりそこは譲れないんですよね。

 

2.やっぱり脚さばきが違いますよね。ロードでも少なからず感じますが、トレイルだとなおさらそう感じます。ちょっとの差も、何百歩、何千歩となると積み重ねで脚への負担が違ってくると思います。

 

3.単純に走ってて軽さを感じます。これはナイロンシェルとかの上着でも同じことが言えますが、やっぱり軽いは正義です。体への負担が走ったあと違います。

 

もちろんデメリットもあります。

1.寒い

2.視線が痛い

3.お腹冷える

 

 

1.とにかく最初寒いです。走ってたらあったまるって思いますよね?あったまりません。適度に寒いままです。

 

2.何こいつやべーなっていう目で見られます。特に車の中で助手席の人が多いです。読唇術使えませんが、「寒そう」っていう口の動きがわかります。視線が痛いです。

あと、物理的にも風が刺すように痛いです。

 

3.お腹冷えて壊します。

 

しかし全てを跳ね返して短パンで走ります。

それを補うに余りある爽快感が短パンでのランにはあるからです。

 

皆さんも真冬でも短パンで走りましょう。

きっとハマると思いますよ。

 

ただし体調には気をつけてください。

 

今年は暖冬なので、挑戦しやすいんじゃないかなと思います。

あるローカルトレイルレースに出てきました

f:id:yamamomichimo:20181203235419j:image

先日、とあるローカルのトレイルレースに出てきました。

ラン仲間と2人で。

別の知り合いのかたも出るということで久し振りに会えるのも楽しみに。

 

ローカルなんですごく和やかな雰囲気で最高でした。

 

レース種目は10kmとキッズの低学年、高学年、未就学と5km×3人のリレー。

 

わたしは10kmのみで、知り合いがリレーにも出るということで、最後の方までいました。

 

まずは、最初が10kmで、コースはざっくりいうとスタートから5kmで2〜300m下り、あと5kmで同じだけ上るって感じですので、後半メチャクチャしんどい。

 

私のスントアンビットによると細かいアップダウン入れて、累積600でした。

 

ですがショートレースなので、ペース速い。

1位は53分くらいでした。キロ5分18秒?嘘でしょ。

 

わたしも頑張って1時間1分で駆け抜けましたよ。

 

ま、一緒に参加した方も1.5時間でゴールして、どんどんみなさんゴールしてきて、ほのぼのしてたら、なんと昼ごはんも出るんです。

また嘘でしょて思って、見たら

 

おにぎりにー、きのこ汁にー、サラダとかフルーツにー、すごいな。きのこ汁めちゃ美味いし。

お茶も適当にボトル置いてあって、勝手に飲んでくださいみたいな。

 

で、そのあとはキッズのレース。

小学生は1km?7〜8分で帰ってくる。でも速い!先導に大人のトップランナーとかがついてて、それ抜いて来たりとか。上りがメチャクチャ速いらしい。

 

ま、キッズのレースはすごく盛り上がる。

 

未就学児のレースほ可愛すぎる。

 

で、最後はリレー。トレイルでリレーって珍しいですよね。

 

わたしはメンバーが足りませんで出られなかったんですが、すごい楽しそうでした。

 

タスキの受け渡しとか、1人5kmだから、途中どうなってるのか全くわからず、ランナーが帰ってくるまでドキドキみたいな。

 

1位のチームは最初から最後まで1位で終わってたけど、2位の追い上げがやばかったし。最初のタスキで4位くらいから最終的にトップと1分差くらいでゴールしてたし。

 

運転なかったらビール飲んでたかったです。

 

参加費¥3000

安。

 

たぶん来年も出ます。口コミで参加者も増えそうです。

私も会う人に良かったよーって勧めてるので。

 

 

ランパンは短めが好みだし、かっこいいと思ってるという話

 

みなさんランニングショーツはなに履かれてるんでしょうか。

 

ま、なにというか、何インチの丈を履かれてるんでしょうか。

f:id:yamamomichimo:20181128221410j:image

 

わたしは基本、3インチ以下しか履きません。

世の中には同じようにランパン短め志向の人、結構多いんじゃないかと思います。

 

ランニング始めた頃は普通にナイキとかの7インチくらいのランパン使ってました。

 

当時はあまり何インチとかは意識してませんでしたが。

 

1年くらい経ったあたりでしょうか。もともとトレイル志向でランを始めたこともあり、ナイキとかニューバランスとかのスポーツブランドはではなくアウトドアブランドでランパン探しはじめてました。

 

しかし、どうやら世の中に出回っているランパンの丈は長いことに気づいてきました。

 

わたしは平均より背が低く、個人的に感じるサイズバランスなどから、ショーツ類は丈が短い方がバランスよく見えると思っています。

なので世の中の5インチ以上の長さのランパンではさらなる短足に見えてしまう、と不満を抱いていました。

 

その当時はパタゴニアストライダープロショーツ5インチやティートンブロスの5インチを使ってましたが、前述のバランスの理由、および、短い方がやはり走りやすいはずという機能的な理由による結論をすでに出しており、3インチをずっと探してました。

 

しかし、ほとんどが7インチ、短くても5インチ。3インチなんて皆無でした。短いのといったら陸上部のガチのやつみたいなのしかなくて、オシャレ感のあるものは見当たりませんでした。

 

そんな時、まさかの2インチという衝撃の短さのランパンがありました。それはHOUDINIというブランドのパルスショーツというモデルでした。

 

houdiniは北欧のアウトドアブランドで、まあオシャレ。

こりゃ買うしかないと思いました。

 

しかしながら、田舎気味のわたしの居住地ではリアル店舗は無く、ネットでポチろうにもどの店舗も完売の嵐。ついにそのシーズンは買うことはできませんでした。

 

やっと買えたのは翌年でした。たまたまリサイクルショップにあってそれを買いました。

 

その時の感想は、やはり短いに限る。です。

なんといっても走りやすさが違いましたね。

 

それ以降は同じパルスショーツの色違い、アンサー4というブランドの3インチショーツH&Mのスウィムショーツなどの激短のみ買っていきました。

 

そういえば、時にはアークテリクスのショーツを丈上げしたりもしましたね。

 

そんなこんなで短い丈ホリックなわたしです。

 

結論としては、背が低い人はみんなもっと短いランパン履いた方がいいと思うよ。ってことです。

OMMのクラシック25に色々入れて昼寝登山した話

f:id:yamamomichimo:20181126213811j:image

11月初めの頃ですが、OMMのクラシック25にいろいろ入れて低山ハイクに行き、山頂で昼寝したり読書してきました。

 

それはそれは贅沢な時間でした。

 

平日の休みがあったため、何をしよかなと考えてたんですが、手軽ででもなかなかできないことを探してました。

最近は登山してないなあと思いひとまず近場で済まそう。とか、

昼寝とかして本とか読んだらスゲー贅沢なんじゃないか?とか

じゃあタープ張るか。エアーマットいるな。

 

って感じで準備しました。

パッキングはざっと下記の感じです。

ザック OMMクラシック25

エアーマット クライミットスタティックV

タープ パーゴワークス ニンジャタープ

本 アマゾン ファイアタブレット7

食料 カップ麺 チョコ グミ カロリーメイト

コーヒー

バーナー プリムス

クッカー 

テーブル ソト フィールドホッパー

 

前日は食料をドラッグストアなどに買いに行き、ワクワクしながら吟味。久しぶりの感覚。

 

 

当日。

朝9時、家族が学校やら仕事やらに出かけた後、自転車にて近所の山までサイクリング7km🚵‍♀️

天気は快晴、登山口から約4kmほど、標高300強まで1.5時間ほどゆるゆると登る。

 

普段は走っている山も、歩くと違う景色が見える。あーこんなとこに石が。とか、あらここは水が流れてるのね。とか新たな発見が楽しい。

 

 

休日はハイカーも割と多い里山だが、その日は平日のため、比較的人も少ない。

 

そんなこんなで11時ごろに山頂に着くと、リタイヤ組の年長者さん達はちらほらいらっしゃいました。楽しそうに会話しております。いいなぁ。

 

先行者に一人、テントを張ってるおじさまがいました。そのかたはテントのポール修理を自分でしたから、テストで張りに来たとおっしゃってました。

 

しばし会話をしながら、自分もいそいそとタープを張り始める。久しぶりだったのでちょっと手間取りながらも、おじさんには上手いこと張るねえーとお褒めにあずかりました。

 

余談ですがそのおじさんの修理したポールはまた風で折れてしまったようです。

 

タープの下にグラウンドシートを敷き、その上にエアーマットでリッチな寝床が完成。

 

まずまずと思いながら、しばし横になっていると、通りがかる方々からは、あらいいわねえと羨望のお声をいただきました。

 

11月だというのに汗ばむほどの陽気。半袖短パンで目を閉じ、幸せな時間を満喫。

 

そして、しばらくは読書タイム。山頂でファイアタブレットで読書なんてなかなか無いな。と思いながら読みかけの本を1時間ほど読みすすめ、その後ランチタイムへ。

 

山頂での食事、通称山メシは の旨さはみなさんご存知の通り。合わせて入れるコーヒーも格別でした。

 

その後はおやつタイムを経て再度読書。

こんな幸せな時間をありがとうございます。といろんなものに感謝しながら、そろそろ帰らなくてはならない時間。

 

片付けも終わらせて、帰路につく。下山はランであっという間に着きました。自転車で家路につくわたしの心は幸せで溢れてました。

 

あーまた行こう。

 

皆さんも昼寝登山行きましょ。

ハマりますよ。

 

 

 

 

 

おかやまマラソン補給食

先日のおかやまマラソンで使用したジェルなどの補給食です。

 

f:id:yamamomichimo:20181116082741j:image

メダリスト

106kcal

45g

 

ゼリー感が非常に強く、美味しい。

好みはこのグレープ味なので、よく買う。ほかにアップル、グレープフルーツ味がある。

飲むというよりモグモグ食べるに近い感じなので、空腹を満たすのにも良い。

 

 


f:id:yamamomichimo:20181116082738j:image

アミノバイタル

109kcal

45g

 

こちらもゼリー感が強い。メダリストよりあるかも。最後まで絞り出すのにちょと時間かかる。

グレープフルーツの味はサッパリしてて良い。

袋がテクってて、飲み口の切れ端が落ちないように、繋がってる。ゴミ落とさないのはランナーとしてのマナー。

疲れてる時にゴミに気をつけないで良いのはストレスなくて良い。

 

 

 

f:id:yamamomichimo:20181116082833j:image

メイタン

116kcal

40g

 

ほかのジェルとは一線を画す。

味は甘ったるくなく、梅の風味もきいている。

ジェル特有の飲んだ後、口に残る感じが少なく、最悪口直しの水がなくてもいける。

個人的には美味しいと思うが、評価分かれそう。

パッケージに関しては、走りながらピッと開けたら若干こぼれるので、もう少し飲みやすさを考慮してもらえるとユーザーとしては有難い。

しかも色が茶色っぽいのでウェアとかに付いたら汚く見える。

でも味は好き。

 

味の感想は個人差あるので、ぜひ確かめてください。

 

フーディニのウェアがどれも着心地が素晴らしい話

f:id:yamamomichimo:20181114233258j:imageHOUDINI(フーディニ)ってブランドがあります。

 

北欧スウェーデンのアウトドアブランドなんですが、ここんちのウェアが着心地が良すぎてやばいっていう話です。

 

最初にこのブランドを知ったのは、なんかのアウトドア雑誌で、もう何年も前でした。

その時はまだ認知度も低いブランドだったと思います。それからしばらくは、自分もなんとなーく聞いたことあるなぐらいの印象でした。

 

HOUDINIが自分の中でちゃんと認知されたのは、ランニングを始めてからです。

 

自分のHOUDINI歴はパルスショーツっていうランパンから始まり、トレイルショーツ、アウトライトフーディー、パワーフーディー、そしてハイロフトフーディーと購入。

小物もエアボーンチムニー、パワーハットなど被り物メインで買いましたがどれも素晴らしい着心地です。

 

レビューじゃないけど簡単な印象とか着心地を記しときます。

 

◯パルスショーツ(pulse shorts)

2インチ丈のランニングショーツ

記念すべき初HOUDINI。

アウトドアブランドの中で圧倒的に短い丈は他を寄せ付けない。オシャレ短いの探してる人はきっと満足。インナー付きで、そのインナーの履き心地がストレス無し。これは結構すごいこと。他ブランドのインナー付きはなんかモゴモゴしますから。

左後ろと内側の右前にちっさなポケットがありますが、使いません。

エストのヒモが尋常でなく長い。

 

◯アウトライトフーディー

ポーラーテックのパワーストレッチプロライト使用の薄手フリース。

薄さとストレッチが全くストレスを感じさせず、春秋のレース前後の着用に最適。とてもリラックスします。

風をやや通すので、冬は上にシェルなど着る、インナーでの使用がベター。適度な薄さがハイキングにも使える。

結構な細めシルエット。

洗濯でフーディニのロゴが取れていく。

飛行機で隣の人がまさかの同じアウトライトフーディー着てて、話しかけたくなる。

 

◯パワーフーディー

最近では一番有名なモデル。ポーラーテックパワーストレッチ使用のフリース。やみつきフリースと呼ばれるほど気持ちいい。何かしら自分で理由をつけて納得させ、毎日着たい。

アウトライトと比べ厚い生地で、11月以降しか暑くて使えない。安心感のある張りのある生地。

袖はサムホールがあるが、使わない。

 

◯ハイロフトフーディー

ポーラーテックのサーマルプロを使用したフリースフーディー。フワフワで超あったかい。パワーフーディーよりしなやかで軽いが、風を通す。

袖はサムホール付き。普段は使わない。

子供がフワフワの気持ちよさに、ハグしてくる。

 

フーディー達の共通の特徴として、襟がめちゃ高い。寒さ対策だと思うが、そのデザインがめちゃくちゃカッコいい。

 

◯エアボーンチムニー

ウールとシルクのネックゲーター兼ヘッドバンド。夏のハイクに汗止め的に使える。ランにも。

 

◯パワーハット

パワーストレッチのネックウォーマー兼ヘッドバンド。

ドローコード絞ってビーニーみたいにもなる。

これもやみつきになるかぶり心地で、毎日使いたいので、いつ洗濯すればいいんだ、となる。

冬のマラソンでも使用可能。

袋をかぶっているみたい、と家族に揶揄される。

 

 

他にもナイロンシェルやインサレーションなどラインナップがあり、どれも欲しくなります。

 

また、フーディニはカラーリングがカッコいい。

アウトドアブランドによくある派手な色とかは無く(無くは語弊ありか…)、くすんだトーンのグレーとかワインとかカーキとかマスタードとかそういうオシャレなカラー展開です。

なので普段着とかにもめちゃ使えます。

 

これからも少しずつ買い揃えていこうと思います。

 

散財日記 現状¥100000くらい。